メンテナンスの時期は?

お住まいを長持ちさせる為には、やはり定期的なメンテナンスしかありません。

基本的には新築より15年~20年が目安と言われています。

外壁は毎日、紫外線や雨風にさらされるため非常に劣化しやすい場所。特に信州では雪害といった事も頭に入れておかなくてはいけません。

外壁が劣化してしまうと「ひび割れ」や「剥がれ」が起こり、内部にある基礎や柱が痛んで取り返しがつかないことになることもあります。

最近は豪雨や台風などの自然災害も増えています。家を長持ちさせるためにも外壁は定期的にメンテナンスしましょう。

【家を長持ちさせる】外壁塗装な最適な時期は?
「地区15年~20年で1回目の塗装」が理想です。

大切なお家を守るためにも、定期的にメンテナンスをおこない、長期的に風雨・紫外線などから大切な家族を守ってください。

塗装をするメリット

建物の美観を保つ

外壁は毎日、風雨や紫外線に晒されているため、色あせや塗膜の汚れ・劣化が見られます。外壁塗装をすることによって新築のような輝きを取り戻すことができます。また、新しいデザインで気分転換もいいですね。

外壁を保護

塗料を塗り、塗膜を作ることで、劣化した外壁を風雨や紫外線などから守ることができます。建物の耐久性を高め劣化の原因から家を守ります。

防水性の低下が引き起こすものは?

外壁材に直接雨水や紫外線が当たり、外壁材や住まいの構造体の劣化・雨漏りにつながってしまう恐れがあります。

そのまま放置すると外壁塗装では済まされず、
住宅の建て替えまで発展してしまう恐れもあるのでご注意を!

 

外壁塗装をおこなうべき劣化のサイン

定期的なメンテナンスと言っても、外壁がどのような状態になったら塗り替えが必要なのか?

外壁の色あせ 劣化進行:危険レベル1

外壁塗膜に劣化が見られなくとも、外壁が当初より色あせている場合は塗り替えを検討した方が良いでしょう。

チョーキング 劣化進行:危険レベル2

外壁を触った時に、白い粉が手についたことはないでしょうか?

これは「チョーキング現象」といいます。これは紫外線や直射日光、風雨などが原因となり、塗装の表面が劣化して起こる現象です。

このチョーキング現象を放置しておくと、外壁のひび割れやカビの発生などにまで発展する恐れがありますので、早めのメンテナンスが必要です。

塗膜の膨れ・剥離 劣化進行:危険レベル3

外壁の塗膜が膨れていたり、剥がれていたりしませんか?

実はこれも外壁塗膜の劣化が原因です。

塗膜の膨れ・剥離を放置しておくことで、外壁内部へ雨水が侵入しひび割れ等を引き起こす恐れがあります。

クラック(ひび割れ) 劣化進行:危険レベル4~5

外壁のひび割れのことを「クラック」といいます。クラック減少がある場合には早急なメンテナンスが必要となります。

クラックを放置しておくと、そこから雨水がどんどん侵入し、カビなどの原因にもなる他にも住宅の強度低下の問題も引き起こす恐れがあります。

シーリング材の塗膜剥がれ・割れ 劣化進行:危険レベル4~5

サイディングボードの繋ぎ目や窓のサッシ回りなど、シーリング部分が劣化し亀裂が生じている場合。

シーリング材が劣化している場合は、「増し打ち」や「打ち替え」をおこない、目地部分から雨水の侵入を防ぐ必要があります。

このようにレベルに応じて早急な対策が必要でないものから、住宅の構造劣化に繋がる重大なものまで、いくつかありますので、劣化進行レベルが高く劣化が見られる場合には、早急な対応をオススメします。

お見積・ご相談は無料です!!